FC2ブログ
2013-10-17 23:04 | カテゴリ:回想録
 


あの人の住むマンションを 追われてから

私は一人で住む事に 家族は違うマンションに

私の住む部屋は 共同住宅 4畳半一間 

流し台はちっちゃいのがあったかな

もちろん 風呂は無 トイレは共同

アニメでいう 「めぞん一刻」 みたいなとこだな

今ではあまり見かけないが 

こんな建物が ちらほらあったな












となりがうるさかったら 壁を蹴って

下がうるさかったら 床を蹴って

もちろん わたしも蹴られてた一人 ^^


そんな生活をしながら そこに2年程いてたかな

昼間は仕事 夜は飲むのが仕事みたいな

かなりみだれた生活送ってたな

しまいにゃ 1日1升酒が普通みたいになって

最後にゃ 昼間っから飲んでたな


赤信号なんて関係なくて

道を歩けば 車を止めて

怒鳴られりゃぁ 怒鳴り返して

気がついたら 川で泳いでて

気がついたら 喧嘩してて

気がついたら 車にぶつかってて

気がついたら 病院にいてて

気がついたら 20才になってて

気がついたら 仕事やめてて 

気がついたら 無茶苦茶してて 

気がついたら 拾われててた


まだ どうなるなんて考えた事もない頃のお話



続きはまた



くだらない長々文お付き合いありがとうございました













管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://fiftiesrunner.blog.fc2.com/tb.php/43-c4b7cb93