2013-12-04 21:31 | カテゴリ:回想録

昨日 病院に行って診てもらったんだけど

先生「ランニングちょっと休んだほうがいいですよ」

「じっとできない性分で ^^;」

こんな会話をしながら帰宅したんですが

治そうとする先生 言う事聞かない患者

昔も今も変わらぬ私 困ったもんだわ ヾ(゚д゚;)スッ、スマソ



今回の治療に肩と脹脛に電気治療を受けたのだが

電気治療を受けながら 思い出しちゃったよ 

おバカな中学時代



こっから先は おバカな話で 

  

閲覧注意で m(_ _)m




 
2013-11-12 22:28 | カテゴリ:回想録

この二三日 チョコに饅頭と

甘いものばっかり食べてたから 

ちょっと消費しないと. . . . . . .  


空を見上げて 走るっきゃないよなぁ~(今日の茨木)

CA3I0014.jpg 

仕事が終わって 早々にナイトランの準備

体調もいいんで 坂道ランの走力テスト

コースは こないだ設定した坂道×2コース

こんな感じ ↓

SnapCrab_NoName_2013-11-12_20-58-33_No-00.png 

頑張り過ぎずに 頑張った 結果 ↓ 

SnapCrab_NoName_2013-11-12_20-58-52_No-00.png

いまの私の実力です まぁ あせらず 鍛えて 

2ヵ月先 どれだけ短縮できるか 楽しみです


今回走った事で 一つわかった事が

右足の肉離れ どうやら完治してないみたいだわ

始めから最後まで ずっと痛みがでて

右足をかばいながら走ってたからね



はよ帰って アイシングせねばと

風呂に入って のんびり はひぃ~^^

同窓会の事を思い出してたら ふと昔の事思い出した



今回の同窓会に来てた 私の親友であり悪友の

ハルと 居所わからんマス 

19才の頃だったかな 梅田の改札で大喧嘩 

3人とも 飲み過ぎてふらふら

気がついたら 見物人が すげーいたなぁ

もちろん ボコされたけど

わたしゃ 鼻折れたか(いまでも曲がってる^^:)

ハルは地面しばいて指折れたっけ



見知らぬ人が警○来るからって 切符3人分くれて

すぐ電車のって逃げろって(その節はどうも)

帰りに腹減ったから 喫茶フジだったかな

ここも同級生がいたんだけど(居所分からず)


ここで ようやく落ち着いて一服してたら

ひとりマスが笑っとる? ん どうしたん?

聞いたら ほっぺたから 水が出てくる @@

どつかれて ほっぺに歯がささったらしい


それを ほらぁ~ って水をだして見せびらかすから

おかしいのなんのって 腹かかえて笑った事

思い出して 1人風呂で笑ってた

あはは はぁ ^^:


わたしゃぁ 幸せもんです ^^












2013-11-02 04:40 | カテゴリ:回想録
明日はフルマラソン 

いまから ワクワクですわ ^^

しかし ここまで走れるようになるなんて夢にも思わなかったなぁ



42歳の時 心臓にかかわる病でぶっ倒れて以来

ずっと気になって精神的にストレスを感じてた

正直 もう一回発病したら 

無事に 戻ってこれる自信なかったからね



当時 救急車で運び込まれた時は 

事の重大さがわからなくてね

すぐに退院させろと 騒いじゃったから

院長じきじきに こんこんと説教くっらたわい ^^;



それでも ベット抜け出して 点滴もったまま 

タバコは吸うわ 仕事のTELの為外に出るわで

言うこと聞かずで 最後はどこで倒れてもいいように 

居場所がわかる機械を取り付けられてしまったの



そうして1週間が過ぎたんだが

どうやら 私が 好き放題動けるのが  

相当不思議だったらしい 普通なら絶対安静

そんな私を見て 主治医から出された提案 

私くらい元気(言い方かえればオバカ)な人であらば 

この治療に耐えれるであろうと



まず 心臓の動きを正常に戻す点滴らしいが

通常30分で落とすところ いっきに5分で落とす 
 
そんな治療あんの?

2案めは 皆ご存じの 電気ショック

こいつは やりたくなかったなぁ



共に無事に終わるかどうか 保証は無 し

書類に自己責任において

施術をうける承認の印鑑を押して 

さっそく院長立会のもと 点滴治療を行った



たかが点滴だろうと 甘く見てたんだけど

あせったな~ 体中が熱くなり

心臓の鼓動が速くなり どうなっちまうんだ~

叫びたくなるような感覚




点滴が落ちきり 先生らは 心電図とにらめっこ 

むむぅ~ ダメか 院長が部屋から出ようとした時 

心臓の鼓動が正常にもどった

なんと成功である 私本人よりも

まわりの先生の方が 喜んで拍手しておったわい
 
(こんなん やった事ないんとちゃうん)


あれから9年 発病する事はなかったが

仕事のストレス 仕事で受けた体のダメージ

もはや満身創痍の状態

おふくろの癌病棟に見舞いに行けば

周りの患者さんから やつれきってるね 大丈夫かい

逆に心配される始末でした

つづく



くだらない長々文最後までお付き合いくださり

ありがとうございました m(_ _)m 


2013-10-23 16:47 | カテゴリ:回想録
3ヶ月でマイナス30kgの減量

とは言っても 完全なメタボ状態だったので

55kgに落ちた所で 痩せている人なら

このくらいの体重ふつうであろう

まぁ短期間でここまでというと

なかなかないと思うけど. . .  どうだろうかな


体重が落ちきった頃 幾度となく奇妙な体験をした

それは 金縛り体験  

よくTVとかの心霊番組で必ず出てくる体験だが

実際のところ 極度の体の疲れだとか...



私の体験は 昼間座った状態から

いきなり倒されて 金縛りにあう

何かの気配を感じ振り返ると 

黒い何かが飛んできて あっという間に

倒されて 金縛り状態

確かに完全に目が覚めている 夢ではない

解けて立とうとして また倒される

夜 まだ寝る前の読書中

やはり金縛り しかも髪の長い女性つきで



あはは... きちがいじみた話である 



人間ここまで腹が減ると幻覚を見るんだろうか

それとも違う世界と波長が合うんだろうか
 
修業僧の断食って こんな感覚なのか


貧乏をこじらした 若き頃の話である



くだらない長々文 最後までお付き合い

ありがとうございました 



 



2013-10-22 21:11 | カテゴリ:回想録

 


地元を離れ ここに引っ越してきたのは

飲み屋街に 入り浸りだった私を

このままでは ダメになると ある人が

仕事も含め住居も世話をしてくれたからである



その人がアル中だとは まったく知らずに ね